img-1

AWSのホスティングの容量予測

AWSのホスティングを利用すれば、容量予測をしなくて良いというメリットがあります。



サーバを設置するなどしてITリソースを確保しようと思った場合、どれくらいのリソースを必要とするのかを把握することは必要です。

ITリソースは、最近ではすくしやすくはなってきたとはいえ、高額な先行投資であることには違いはありません。


できることなら無駄な投資をしたくないと考えるのは自然なことでしょう。



そのため、容量予測をして、少し余裕のあるリソースを確保しておくのが普通です。



ただ、その予測が当たるのかどうかは別の話で、実際に運用してみると失敗に終わるケースもあります。



失敗した場合、先行投資はもちろん無駄になることは言うまでもありません。



逆に、成功して予測よりも大きなリソースが必要になることもあります。


このときには慌ててリソースを追加していかなければなりません。
AWSのホスティングを利用すれば、初期投資はほとんど必要ありませんから、先行投資が無駄になることは考えにくいです。
また、AWSのホスティングならリソースの拡大は非常に簡単で、物理サーバや通信回線などを設置することなく、画面上で拡大できます。



インスタンスを増やすといった作業であれば、数分くらいですべての手続きが終わり、料金は利用したりソースの量に応じて発生します。



リソースの増強に伴う先行投資も必要ありませんし、逆にヘラしたいと思ったときのも料金は発生しないのです。



関連リンク

img-2

AWSのホスティングで作業を軽減する

AWSのホスティングを利用すれば、今までサーバ運営に必要だった様々な作業を軽減できます。自社の社内にサーバを設置することによって運営はできますが、この際には物理的な部分のメンテナンスを常に行っていかなければなりません。...

more
img-3

ホスティングを進化させたAWSの戦略的展開とは

ホスティングとは、IT用語で「複数のユーザーが利用するサーバー」を意味し、おもにWebサーバーがそれに該当します。このサーバーには、ウェブサイトの管理者自身で運営や管理を他者に一任するといった、レンタルサーバーのサービスが近年では定着されつつあります。...

more